会社方針

私、2007年、自分は寧波大学日本語科卒業して、FEメタリアル株式会社の中国の通訳として働いていた。仕事の事績でFEメタリアル株式会社に就職して熊本の八代営業所で就職していた。その時同じ会社の玉城安博さん、川幅日出海さん、松永龍之さん立ちと知り合って、中いいです。

2008年の11月ごろ、金融嵐の不景気で、私は会社を辞めました。この業界に通訳として働いていた。その2年後、2010年前後FEメタリアルが倒産して、玉城さんがRJ商事株式会社に入った。2013年の時に、玉城さんの紹介で、私はRJ商事株式会社から金属スクラップを買って、中国浙江省台州市の金属団地で金属スクラップを解体していた。2015年の時に、玉城さんがRJ株式会社から出て、自分の会社株式会社タマシロを作って、私は玉城さんの荷物を買っていた。2018年の時に、中国政府は金属スクラップの輸入を禁止しました。私はマレシアーへ行って、マレシアーで会社を作って、今までずっと荷物を買っていた。今競争と輸出の問題で段々やり難くなって、日本国内に解体して、リサイクルするつもりで会社を作るです。

業界現状

内メーインのお客様は二間です。彼達の状況を説明します。もし、内が日本で会社を立ち会うと、彼達の現状を助かりになりますっと。

株式会社タマシロ

九州近辺にスクラップ業者のお客様が100個以上と付き合っています。月扱っている金属スクラップは1000t以上です。2018年前は金属スクラップを売る時に船に積むので、三日間で1000トンは簡単に積めます。今はコンテナーに積みます。月20本積んででも500トン程度しか積めない。毎月残ってます。荷物が段々残って、ヤードがいっぱいなって、トラックでも回れ難くなっています。

令和産業株式会社

立ち会って4-5年間しかないけど、業務の発展が安定。金属スクラップは月500t以上です。毎月コンテナー16本程度積んでいますけど、毎月200トンぐらい残っています。ヤードがいっぱいなっています。

仕事紹介

金属スクラップの山

1.まず、金属スクラップ山から物を広いて、山を鉄系の山、ステンレス系の山、アルミ系の山、電線系の山、銅系の山、モター系の山、プラスッチク系山に分けるです。

2.それぞれの山から、大きな物、設備、大きいモーターとか、重機を使って物を粗解体します。解体し難いな物はガスで切ります。

3.金属に詳しい人を使って、手作業で解体して、日本の鉄、ステンレス、アルミ、銅とか、メーカーさんリサイクル出来るようにまで解体します。

Copyright ©2023 東恒商事株式会社. All Rights Reserved